人気ブログランキング | 話題のタグを見る

鎌倉 耐震改修リフォームの勧め その2

今日は耐震改修リフォームその2です。

昭和56年以前の建物は危険とよく言われています。宮城県沖地震などの教訓を経て、昭和56年を機にそれまでの旧耐震基準から新耐震基準へと大きな法改正が行われました。
法改正では、木造においては耐力壁の壁量規定、倍率などが大幅に見直されました。また、基礎構造規定や金物仕様規定、壁のバランスなど新たな項目が付け加えられ、それまで設計者や施工者に任せられていた曖昧な仕様規定が明確化されました。
簡単に言うと、中程度の地震で壊れないような規定であった旧耐震から、震度6強の大地震でも倒壊せず人命を守ることができる耐震性能を有する新耐震基準へと変わったのです。

とくに木造においては仕様規定が細かく決められるに従って強い建物へとなっていきました。基準が曖昧であった旧耐震では設計者や施工者の判断で相当な開きがありました。それゆえ現行基準からすると耐震性能は概ね低くなっています。

鎌倉 耐震改修リフォームの勧め その2_c0126647_231887.jpg


では、具体的な耐震改修工事とはどのようなものか。あまり細かい話をするとキリがありませんので簡単に説明しますと以下のようになります。

①壁の強さを強くする
②耐力壁をバランスよく配置する(家全体の剛性と偏芯の差を少なくする)
③老朽箇所を補修する
④その他(建物を軽くする、引き抜き力に応じて基礎を補強する、床を硬くする)

工事は実際に住まわれている中で行われることが多いですので、暮らしへの影響を最大限減らすべく、どのように壁の補強を行うか、どの位置の壁の補強を行うか、をヒアリングを通して綿密に決定していきます。

また、耐震改修工事と一緒に、古くなった雨戸の取替え、キッチン、水廻りのリフォームなども行うケースが多いです。
古い建物でもしっかりとした耐震改修工事を行うことによって安心して住み続けることができます。

昭和56年以前に建てられた家にお住まいの方は、鎌倉市の建築指導課が耐震改修相談窓口となっていますので相談してみてください。
by kamakura-archi | 2013-11-17 23:20

神奈川県建築士事務所協会鎌倉支部のブログ


by かまくらの建築士
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31